エクセルでジョイスティックを使うに当たって、改めていろいろ検索してみたものの、「Excel VBA ジョイスティック」で検索すると、以前紹介させていただいた眠り猫さんのサイトしか情報がありません。

新しいジョイスティック(記事)に対応させるには、どうしてもXYZの3軸だけでなく、RVUの回転軸も読み込まなければなりません。

おそらく眠り猫さんのサンプルはJOYINFOを参照しているのでしょうが、6軸読み込むためにはJOYINFOEXが必要なので、今までのコードをあきらめ、自分でAPIを勉強し直すことにしました。

Amazonで買ってみたExcel VBAのゲーム製作本を買ってみてベースとなるJOYINFOの使い方はだいたい把握できました。1冊買って参考になったのは1ページだけでしたがw
またJOYINFOEXに関しては、DJEBEL375氏の「サイドワインダーからの値を取得」にあるコードで、だいたい把握できました。

ちなみに上記のJOYINFOEXのサンプルはVB4,6用のコードなのですが、幸い若干の修正だけでExcel2010に移植できました!

joy.png


というわけで、Excelで6軸のジョイスティックを用いてゲームを作りたい方、ロボットの制御をやりたい方向けに、一応、自分の作ったエクセルファイルも公開します。

ダウンロードはこちらから
(joystick_test_excel2010.zip)

注1:Excel2010で製作しています。(xlsm形式)
注2:お約束ですが、マクロとActiveXのセキュリティは適宜変更してください。
補足1:JOYINFO、JOYINFOEXどっちも使えます


今まで、ジョイスティック関連はHSPやVC++ではDirectXを使っていたので困ったことがなかったのですが、意外とAPIで呼び出すVBA用のコードが少なくてびっくりしました。

今回得た教訓、”Excel VBAはVBのリソースが使えるので、困ったときはVBで探しなさい”


参考にさせていただいた書籍・URL

Excel VBA アクションゲーム作成入門 Excel 2007/2003/2002 対応Excel VBA アクションゲーム作成入門 Excel 2007/2003/2002 対応
近田 伸矢 谷 孝一 武藤 玄 USA【うさ】 影斬

インプレスジャパン 2009-03-06
売り上げランキング : 15659

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Gロボ無線化にあたってまずBluetoothを考えたのですが、部品ボックスを眺めていると

が、在庫にあったので、
ZIG-100B用RS232C変換器×1、と、USBシリアル変換ケーブル×1を追加購入して、ZigBeeの環境を作りました。

ベステクの"USBシリアル変換ケーブル"は単純なRS232Cの変換ではなく、同時にRS485とTTLの変換も出来てしまう優れもので、Dynamixelシリーズのモーターのパラメーターを直接書き込むことも出来る代物なので、この際思い切って購入しました。

購入するにあたって、この間秋葉原に行ったときにいろいろ店を見て回ったのですが、ベステクの商品を在庫で取り揃えているショップってあんまりないんですよね。
結局、直販で買いました。

ちなみにこのZIgBee、息の長い商品の割にROBO-ONEクラスタではあまり使っている人を見ない気がします。
XBeeが人気なんでしょうか。

今回、ZIG-100B用RS232C変換器を購入した見たら、以前から持っていた変換器と基板のパターンが変わっていました。
右が旧基板で、左が新基板です。

IMG_1984.JPG

IMG_1985.JPG

使用部品や使い方は変わっていませんでしたが、レギュレーターとDCジャックの位置が変わっていました。
収まり具合は旧基板の方が好きなのですが、ノイズ対策か何かでしょうか…。理由は分かりません。

とりあえず、PCに2個繋いだ上で、ターミナルソフトを同時起動してペアリングさせます。

IMG_1990.JPG

バッチリ、115200bpsでペアリングOKです。

zig.png

さて、この基板についてくるACアダプタの出力電圧は5Vなのですが、使われているレギュレーターのL1117-3.3のデータシートを見てみると上限が15Vです。電源変換なしでリポ直結OKですね。
(このL1117ってあまり見ないけど、電圧降下1.2Vの電流容量1.2Aで結構面白いレギュレーターですね。)

というわけでこんな感じに改造しました。

IMG_1999.JPG

シリアル用の9ピンコネクタを取り外して、2.5mmのミニミニピンジャックに変更。
入力電源はGロボのサーボ(RS30x)のコネクタを取り付け、サーボの分配ハブから7.4Vを直接とれるように変更。

胸部に組み込みました。

IMG_2000.JPG

IMG_2001.JPG

エクセル運動学もちゃんと動きました。

ただ、良い感じに収まってますが、アルミの胸部で覆ったのは失敗で、電波強度の劣化が激しいので、この後取り外しました。
目立たない取り付け方法に悩み中ですw

RPU-11基板剥離と修理

今日は、先週後半出張だったこともあって、溜まった仕事を片付けた後はブログを更新するか、PCに張り付いてました。
本日、4エントリー目ののブログです(笑)

ホテルの暇つぶし用にGロボを持って行ってたのですが、うっかりテスト動作でコケたときの打ちどころが悪かったみたいで、PRU-11に刺してたシリアル信号用のステレオジャックのメス側が歪んで時々接触不良みたいになってしまいました。

RPU-11自体バラすのは初めてです。バラすとこんな感じ。

IMG_1951.JPG

ATMELのAT Mega128と加速度センサとブザーが良い感じにコンパクトに収まってました。

で、やはりステレオジャックの部分が基板剥離していました。
ハンダで温めて部品を外してみたのですが、そのままでは修復不可能みたいです。
(自分の技術では…)

IMG_1967.JPG

事前に、酉旦那さんに相談していたのですが、基板交換は新品購入とそんなに金額変わらないという話だったので、ダメ元でバイパス修理してみました。
失敗したら新しいRPU-11/10を買おう・・・みたいな。

で、何とか強引に半田しました。

IMG_1968.JPG

シリアルのTTL-RS232C変換のチップが2.54mmの1/4のピッチで、自分の技術的に不可能だったので、IC側も剥離させて、強引に半田しました。

こういう時、手先が器用でハンダ上手い人って素敵だなって思います。
過去にZipponさんのFETの交換見せてもらったときに感動したのを思い出しました。

で、この状態でセメダイン(ハイスーパー5)で強引に固めてモールドし、今の所動くようになりました。
再び壊れないうちに、さっさと無線化してしまおうかな。

秋葉原でお買い物

昨日は、1日秋葉原をグルグル回ってました。

チキチキロボマッチも昨日開催されていたらしいので、ちょっと気にはなったのですが、なかなか会えないジャンルの違う友人が何人かいて、それぞれと秋葉原を周遊しました。3週くらい?(笑)

必要なものもあったのでいろいろ買い物しました。

ロボット関係はこんな感じ。
Gロボの保守部品とVstoneのVS-RC003のI/O拡張ボードとソーラーLEDライト。

IMG_1955.JPG

I/O拡張ボードは、サバゲ用。
これで、地磁気センサーと発射回路・被弾センサーをVS-RC003から制御できます!
ソーラーは部品取り用で、これもサバゲ用。

あと、ジョイスティックを購入。

IMG_1958.JPG

これはGロボの逆運動学Excelとサバゲの両方に使えるかなと。
ジョイスティックからVS-RC003用のシリアル生成PGを書けば、サバゲに使える予定です。
1万円弱くらいの覚悟してたんで、3,000円代で買えてラッキーでした。

いろいろ探して回ったのですが、ツクモもソフマップもジョイスティックの取扱いをやめたらしく、アークを回ってやっと発見できました。
PC関連だとハードディスクが3TBで1万円切ってたのも驚きでした。
ちょっと欲しいなと思ったのですが、とりあえずハードディスクは見送り。

あと、書籍いろいろ。

IMG_1957.JPG

モテキが個人的にアタリだったんで、久保ミツロウさんの「アゲイン」(AA)を買ってみました。
「あの時、俺がああしていたら、この"今"は変わっていたんだろうか?」なんていう、オビのポップもググっと来ましたw

あと、「同人誌やイラストの美しいデザイン100」(AA)発売当初から気になっていたのですが、結構勉強になりそう。
同人誌は描きませんが、ロボットのイラストを作るときにデザインで参考にしようかなと。

特に意味はありませんが、秋葉原or日本橋で買い物をした時の通例の買い物報告でしたw

東京ゲームショウ2011

17日(土)は、東京ゲームショウ2011に参加してきました。3日目(一般公開1日目)です。

やはり一番気になったのは、常にスペックでリードするSONYの新型携帯機のPS VITAです。

IMG_1909.JPG

展示は見ることが出来ましたが、人気で待ち時間がもったいないので試遊はスルーしました。

今回はカラーバリエーションがすごいラインナップですね。
初回は黒みたいですが、オレンジがすごく綺麗でした。

IMG_1915.JPG

いろいろ回りましたが、比較的列が少なかったため唯一試遊出来たのが、初音ミクの3DS『Project mirai(仮)』でした。
ゲーム自体はよくある音ゲーですが、3Dのグラフィックが素敵でした。3Dで見ると迫力があって良いですね!

また、ハードウェアのコーナーではLGの3Dディスプレイが目に留まりました。
たまたまよく遊ぶオンラインFPS(A.V.A)が映っていた…という事もありますが、このモニタを見て驚いたのは解像度の低下を感じられなかった点。

電気屋のデモで置いてあるノートPCの3Dのデモを見ると、ただでさえ解像度の低いディスプレイが更に半分になってジャギジャギな感じに見えてガッカリさせられるのですが、CINEMA 3Dの円偏向FPRは自然に見えました。
もちろん厳密に検証すればそんなことはないのでしょうが、ライトに評価すれば、そんな感じでなかなか良かったです。

IMG_1906.JPG

通路では、コスプレコーナーが盛り上がっていました。
最近話題のタイガー&バニーが全員集合していたり、面白い雰囲気でした。

バイオハザードのアンブレラとスターズetcが仲良く集合写真というのもなかなかw
てか、服装の作りこみが凄い!!

IMG_1922.JPG

台湾のゲームブースではじゃんけん大会が始まって、友人3人全員で商品ゲットしてきました。

コミケとかだとお金を使うのが目的になってしまいますが、こういう展示会のイベントでお金を使わず遊べるのは良いですね。初のゲームショウでした。

PS:ちなみにゲームショウって親子連れで行くイメージが何故か昔からあったのですが、まったくそんなことはありませんでした(笑)

前に戻る 5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15

Profile

me.jpg
Name : みっちー
小学校で電子工作にハマり、高校時代はゲームプログラミング、大学時代にロボット製作へどっぷり浸かりました。
社会人になっても、なにかとものを作るのが大好きで、日々ネタと仲間を求めて活動中です。

Dream Drive!!

bana.png
http://dream-drive.net

趣味のロボットとプログラムを中心としたコンテンツのサイトです。

My Robots

kolink2.jpg
KO-LINK2
第2世代 並行リンク足ロボット

kolink.jpg
KO-LINK
並行リンク足ロボット

BusterGX.jpg
BusterGX (Ex Walker)
G-ROBOT + ROBO-XERO

kumaco.jpg
KUMACO
ぬいぐるみロボット

SARUBO.jpg
SARUBO
JX-SYSTEM搭載ぬいぐるみロボット

kokuten3.jpg
KOKUTEN 3
リアルタイム逆運動学制御ロボット

meros.jpg
MEROS
膝なしロボット
(胸部マトリックスLED搭載)
by Mechaniker

kokuten12.jpg
KOKUTEN 1&2
はじめてのロボット
by Mechaniker

協賛広告

最近のコメント

月別 アーカイブ

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。