とりあえずで、審査とデモのモーションを作りました。
片足立ちのバランスの微妙なモーションとか今回は結構攻めてみました。


動画は、ボール遊びの様子。
ハンドのないKUMACOにとって、キャッチボールというとどうしてもこんな感じになります。
外装のない状態ですみません。
外装は今・・・洗濯中です(爆

週末のROBO-ONEに向けてとりあえず、ルールを再確認した。

まずは規格

KUMACO - クラス(2kg以下)

* 足の長さ 125mm
* 足裏 60mm * 36mm(対角70mm) - (許容値 75mm * 37.5mm)
* 腕の長さ140mm - (許容値 150mm)

足裏・腕ともに余裕のある感じである。 全身が布なので誤解を招くことも考慮に入れると腕の長さの1cmの余裕はちょうどいいくらいかな。

動作チェック

* 10秒間に10歩 - OK!!
* 10秒で180度ターン - OK!! (2秒でターンできるよ!)
* 起き上がり - OK!!

ロボファイトでは何度も倒れて、応援してもらう場面もあったけど、腕が成長したことで、起き上がれる確立はほぼ100%になりました。スピードも2秒くらいなので、もうあのゆるゆるKUMACOではありません! 気合いっぱいKUMACOです。

ひとつ疑問があるのだけれど、動作チェックは、コントローラー使っていいのだろうか・・・。
ルールブックのどこを見ても書いてないので、現在本部に問い合わせ中。
・・・普通にコントローラー禁止でした。お騒がせしました。シナリオ作ります。


デモンストレーション

まだ、考え中。 とりあえず、マスタースレーブキャプチャーは見送って、モーションキャプチャーでいろいろなモーションの繋ぎを考えています。 KUMACOは、加速度センサーしか積んでいないので、キャッチボールはちょっと厳しい感じ。 いろいろと構造的にキャパがないので、センサー類は次のKUMACOぷろじぇくと第2弾(内容は秘密w)に先送りということで、今回はKUMACOとやりとりする人間側が必死でタイミングを覚えるという荒業で挑戦しようと思います。 メインは「役に立つこと」で勝負しようかな。といっても、癒し効果とか、その辺を狙うことになりそうですが。

SN390059.jpg

久々の中身のメンテと調整(普段のKUMACOからすると、ちょっとグロテスクかも)

ROBO-ONEの規定にあわせてKUMACOの腕が2cmほど長くなりました。

DSC01695.JPG
もともとの腕


DSC01694.JPG
新しい腕

もともと、ROBONOVA-1の腕を利用していたのですが、その部分をコルクで作り直しました。

カッターナイフで加工できるコルクは意外と、使いやすい素材でした。

新しいブログに移転してきました。

まだ、デザインも機能も稚拙ではありますが、少しずつ強化して行こうと思います。

これを期にチームDreamDriveは、「KUMACOぷろじぇくと」に名称を変更します。

これからも「KUMACO」と「KUMACOぷろじぇくと」をよろしくお願いします。

Robo-countryIV

| コメント(0)

こんばんわー。さきほど、香川から帰ってきました。

まずは今朝早くアップしたブログの答えあわせを・・・。実は、
Dsc00047
夏という事で可愛らしいオレンジのはっぴでした!どうですか、柄もまたいいでしょ??

で、次が実際にKUMACOに着せた時の写真↓↓
Dsc00048
実物が手元に無かったために胴体部分がちょっと短かったのと首周りが結構太かったので、ぱつんぱつんですww

肝心なRobo-country†の結果ですが、まぁ、バトルに向かないKUMACOのことなんで・・・。(苦笑)それよりも、Robo-country†では、子供を対象にした“ふれあいタイム”なるものがあり、子供が自由にロボットを操縦できる時間を設け、KUMACOも操縦してもらいました。

Dsc00059

Dsc00068
↑↑ふれあいタイムの様子↑↑
KUMACOのキャラクターのせいか、操縦希望者は女のコが多い感じでした。そして、おそるおそるながら触ってみるコも。KUMACOが可愛がられてよかったです。

あー、でも徹夜で参加したために気が緩むと睡魔に負けてしまいました。今度のROBO-ONEではそんなことないようにしたいと思います。

Dsc00077
そして、主催者側からのお土産。うどんとお豆おいしくいただきます☆じゃあ、もう今日は寝ます。おやすみなさい。

Satomi

前に戻る 5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15

ウェブページ

最近のコメント