HSPから・・・

作成日: 2005年7月26日 | 投稿者:みっちー


やはりHSPの使いやすさにはかないませんね。
ロボットとハイパーターミナルをつないで、コマンド形式のロボットを作ったのですが、コマンドとユーザーインターフェイスとしてのジョイスティックの中継ソフトの開発にHSPを利用しました。
接続としては↓
『ロボット=無線機 〜 無線機=ハイパーターミナル=HSP=ジョイスティック』
という感じです。
もともとゲームを作っていた下積みのおかげでジョイスティックの導入がかなり簡単になったわけですが・・・。
ゆくゆくは、やはりVC++で同じものを組んでみたいものです。
前回JOYPOINTERを作ったときも同じことを言っていましたね。ハイ
ただ、最近C++用のel.hというライブラリを発見して、かなり簡単にC++で描画を自由に扱えることがわかり、今度HSPとの対応表でも作りながら、何か作ってみようかと思います。
この夏こそ・・・がんばろう。

コメント

  1. PEN2nd より:

    そのライブラリのインクルードの仕方も知らんけどC++がんばれ!C++で動くオバQ見てみたいよ

  2. HM(管理人) より:

    今度3Dのオバ球オセロを考えてたり・・・。まぁ、たぶん疑似3Dだけどねw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

アーカイブ

広告

Top