ROSCon JP 2018に参加

作成日: 2018年9月14日 | 投稿者:みっちー

ROSCon JP 2018に参加してきました!

ROSConとは、ROS開発者の国際会議で、ROSCon JPはその日本版です。
TEDに対するTEDxみたいなものって、認識でいいんでしょうか。

本家では参加記念にビールグラスがもらえるそうなのですが、日本らしさゆえに、日本酒のおちょこをいただきました。
アールティさんのロゴ入りです!

もちろん、郷に入らば郷に従えの精神で、配られたTシャツはその場で着用!
(というか、会場で着ないと、なかなか着る機会ないですよね)

各社・各グループ、様々なアプローチで、ROSを駆使していました。

自分のROSに対する理解度は、会場でもかなり底辺クラスだったと思います。
いまいち概念しか分かってなかったのですが、ノード間はTCP/IPで通信しているため、ノードを細かくしすぎると制御が遅くなることなど、いろいろ問題点が聞けたのが非常に参考になりました。

基本的に同一PCで実行されることも保障されていないため、OSでのメモリ間共有などの通信は実装されていないそうです。

となると、ある程度大きな塊でノードにしたほうがよさそうですね。

サーボ単位でノード化するのかと思っていたので目からウロコでした。
場合によっては、ロボット単位でノードにして、ロボット同士の協調動作にROSを使用するなど…、もっと大きい視野で捉えたほうがいいのかなと思ったら、一気に理解が深まった気がします。

ふと、レスキューロボットコンテストのプラットフォームに使えるんじゃないかなーとか、思いながら聞いていました。最近、大会のルールもマンネリなので、SLAMの要素なんか取り入れたら、一気に過熱するんじゃないかなーなんて思いました。(笑)

そんなこんなで、東北大が実際にロボコンでROSを取り入れる活動をしているということで、気が付けばスライドをパシャパシャ撮っていましたのでご紹介。

ROSは、いずれきちんとやろうと思います。

上半身ロボなど、まさにサーボ単位じゃなくて、ロボットまるごとノードにして、何かさせると面白そうです。
ROS2で、Windows対応というのも追い風ですね。

というわけで、すごく刺激を受けた1日でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

アーカイブ

広告

Top