iMac (21.5-inch, Late 2012)のメモリ/SSD交換

作成日: 2018年10月15日 | 投稿者:みっちー

ひょんなことからiMac (21.5-inch, Late 2012)が手に入ったのですが、Apple Hardware Testでメモリエラーを吐いているので、8GBから16GBに換装。

Amazonで、材料と工具を準備

トルクスドライバはT10とT8があればOKです。

交換にあたっては、こちらのサイトを参考にしました。

【iMac 2012 Late 21.5】個人でもできる!メモリの増設で快適クリエイティング!ウェブコンサル東京

さて、バキュームリフトをとりつけ、ディスプレイ両面テープキットに含まれる金属製のヘラでディスプレイをこじ開けます。

/

結構、力が要ります。
あと、isightカメラ付近は、ケーブルがあるので注意しました。

パカッ!

空けて、分かるのは、HDDとSSDの交換だけなら基板を外さず出来るようです。

メモリは、こんなところに見えています。
見事に、基板裏ですね・・・(涙

順番に基板を外していきます。

本当は完全に外したほうがいいのですが、ファンをはずしてメインのロジックボードのネジを外すと浮き上がるので、この状態でメモリ交換してしまいました。

8GBから16GB(8GBx2)に換装!

HDDもSSDに交換します。
搭載されていたHDDが9.5mmタイプだったので、SSDに付属のマウンタは使用しました。

元に戻していきます。

両面テープの貼り直し。
元のテープはぜんぶこそぎ取りました。

両面テープキットのおかげで、自分で両面テープをカットせずに済みました。

ディスプレイのケーブルを再度セットして、両面テープで固定します。
この作業が一番緊張しました。
隙間が空いたら嫌ですしね!

OSの再インストール。

最新のMojaveです。

OSのインストール後、念のためApple Hardware testで、メモリに異常がなくなったことも確認!

無事、メモリとSSDの交換が完了しました。

Retinaではありませんが、core i5マシン、全然現役で使える子になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

アーカイブ

広告

Top