KUMACO骨折につき、大修理

作成日: 2011年9月24日 | 投稿者:みっちー

この間、SF大会にKUMACOを遊びに連れて行った際、なんと机からダイブしてポッキリ骨折。
IMG_1992.JPG
アクリル製のKUMACOのフレームは基本的にアクリサンデーで溶着しているのですが、流石にモーメントが加わるフレームで、更に断面が砕けて密着しない状態では、修復不可能でした。
という訳で、新しいパーツを作り直す必要があるのですが…。
前回KUMACOのフレームは、大学のサークルで加工担当のCtake23氏に作ってもらったもので、自分ではおそらく加工中にアクリルを砕いでしまうし、精度を出す自信がありません。
そんなときのCNCなのですが、今回も大熊さんにお願いして、端材のABS(5mm)で作っていただきました!
IMG_1994.JPG
骨折したパーツと、大熊さんに作っていただいたパーツ。
今回はCNCを使うこともあってサーボホーンを埋め込むような形で3次元(2.5次元)加工してもらって作りました!!
そして修理完了!
(ついでにKUMACOのヒミツを紹介)
IMG_1996.JPG
黒くなりましたが、良い感じです。
精度はCNCで作っているのでおそらく問題ないでしょう。
前の手加工アクリルパーツも手加工で恐ろしく精度は出てたのでたぶんモーションは修正しなくてOKかな。
”ヒミツ”の部分ですが、あまり普段脚の部分のぬいぐるみは外さないので内部紹介ということで。
ギリギリ干渉しない幅でサーボが並べられています。
KUMACOのぬいぐるみ部分は3パーツに分かれていて、上半身は”履くパンツ”方式なのです。
さて、こちらではSF大会について全然触れていなかったので、KUMACOが遊んできた写真を紹介。
IMG_1828.JPG
IMG_1864.JPG
本家と同じ写真ですみません。
ちなみにSARUBOも大会にエントリーしました。
マイコミジャーナルの記事で大きい写真を頂きました!

sarubo.jpg

日本中のホビーロボットが集合した「ホビーロボットコロッセオ」より

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

アーカイブ

広告

Top