Oculus Rift DK2のヘッドトラッキングをシリアルポートに流す

作成日: 2014年11月24日 | 投稿者:みっちー

Oculus Rift DK2のヘッドトラッキングをシリアルポートに垂れ流すところまで完了…。
手順としては下記の方法

  1. Oculus Rift DK2のヘッドトラッキング情報をJSONで配信 ( WebSocket Bridge )
  2. JSONを解釈するSocketクライアントを作成、受け取った結果はWindows共有メモリにトラッキング情報を書き込み
  3. Windows共有メモリの情報を拾って、シリアルポートに垂れ流すアプリを作成

2と3を別にしたのは、1と2が垂れ流しプログラムなことと、今回アプリ作成に使用しているHSPがマルチスレッドに対応していない、という2点から。

すごく無駄が多いけど、とりあえずWindows側のアプリは一旦これで完成。
次はArduino側!

ocunaisikyo

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

アーカイブ

広告

Top