リビングの音響環境改善!

作成日: 2016年5月29日 | 投稿者:みっちー

リビングのテレビ周りの音響システムをいじりました。

IMG_0437

テレビはSONY KDL-40HX720です。
映像の方はサイズはともかく画質に文句ないのですが、音に関してはうすっぺらい音しかでないので、学生時代から使っていたMDコンポ(SC-PM37MD)を繋いでいました。

すごくノーマルな音で問題は無かったのですが、2chコンポなのでウーハーが無くてちょっと低音が物足りず、そこをなんとかしないといけない案件が発生したためいじりはじめました。

といっても、新しいものを買ってきて「はい終わり」では物足りない上に、どうせ保証対象外の使い方をするのは目に見えていたので、今回もジャンクから探すことに。

IMG_0442 IMG_0444

まず導入したのは、1世代前のYAMAHAのYHT-S400、ただし付属のバースピーカーに関しては、もともと期待しておらず、予想通りのチャカチャカした音だったので、アンプ&ウーハー部のSR-300のみを採用しました。
センタースピーカーには、ONKYOのD-105C、物としては15年物ですが、状態も良く気に入っています。

IMG_0440 IMG_0439

左右は、もともと昔から使っているパナソニックのMDコンポSC-PM37MDから流用。
こいつも長く使っているのでかなり年季が入っています。
バイワイヤリング接続のスピーカーなのでどうしようかと思いましたが、とりあえず並列に接続してみました。
ついでに、せっかくなのでAmazonで見つけた金具でTV上の棚板に吊るしてみました。

これで、3.1ch 疑似サラウンドシステムの完成です。

ウーハー&アンプ、センタースピーカー、金具、配線用モール、スピーカーケーブル、合わせてトータル費用は、2万円以下に収まりました。
高いか安いかは分かりませんが、非常に満足しています。

 

そもそも、なんとかしたい案件とは…

IMG_0446 IMG_0447

IMG_0445

最後に一言

「ガルパンはいいぞ」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

アーカイブ

広告

Top