USB Sound Blaster Digital Music LX 改造

作成日: 2010年1月13日 | 投稿者:みっちー

ONKYOのサウンドボードSE200PCIが使えなくなって、昔使っていたUSB Sound Blaster Digital Music LXを押入れから引っ張り出した。
DSC01474.JPG
64bit用のドライバも英語サイトから引っ張ってこれたので動作は問題ないのだが・・・。
SE200PCIからの乗り換えだとすごくションボリな音に聞こえる。
というわけで、いろいろ検索してみると、改造の先駆者のHPを発見した。
http://ta2020.huuryuu.com/SoundBlaster.html
とりあえず、まずは分解。
DSC01477.JPG
見つけたHPに従って、まずはUSBの電源のノイズ除去用にデカップリングコンデンサとしてOSコンを追加しました。
DSC01479.JPG
ここで、「どうせやるなら、全部OSコンに変えてしまおうかー!!」という衝動に駆られました。
・・・というわけで、全容量OSコンに変えました(笑
DSC01481.JPG
今回使用した部品一覧

  • 三洋OSコン 10SA220M 10V 220μF (231円) 2個
  • 三洋OSコン 16SA22M (105円) 7個
  • 三洋OSコン 16SC10M (84円) 18個
  • 三洋OSコン 16SL4R7M+CA 16V 4.7UF (126円) 1個
  • 三洋OSコン 16SCR1M (63円) 1個
  • OFCリ−ドオ-ディオ用OSコン 20SP47M 20V/47uF (315円) 1個
  • OFCリ−ドオ-ディオ用OSコン 6SP220M 6V/220uF (157円) 1個

見事にすべてOSコンです。
さて、音の方ですが、かなり満足しています。
うまく表現できませんが、ドラムの音のエッジがクリアにしっかり聞けて、個人的好きな音環境に近づいたと思います。
ちょっと突き刺さる感じが強いような気もしますが、まぁ、こんだけOSコン使ったんだから仕方ないわなww

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

アーカイブ

広告

Top